Pip

日本政策金融公庫 審査基準

日本政策金融公庫 創業準備のチェックポイント=審査基準

独立起業を考えている人の強い味方、日本政策金融公庫。
日本政策金融公庫が望む起業人とは?
新規事業融資を申し込むなら、このチェックリストに沿った
事業計画及び事業計画書を作成しましょう。
大事なのは【事業計画書】と【面接】です。

 

※質問は日本政策金融公庫のHPより抜粋

 

【創業動機は明確ですか】

どういう目的で、何をやりたいかをはっきりさせる必要があります。
動機があいまいではさまざまな困難を乗り切っていくことはできません。
また、創業しようとする事業内容が顧客のニーズや時代の流れに合って
いるかどうかも重要なポイントです。

 

「起業」とは人生における大きな勝負です。
簡単に負けるわけにはいきません。
そのためには断固たる決意(どこかで聞いたセリフ)が
必要なのです。なぜ今なのか、なぜその事業なのか?
説得力のある理由が必要です。

 

【創業する事業について経験や知識はありますか】

創業しようとする事業は、まず経験のある業種や知識、興味のある
ところおよびその周辺というのが妥当なところでしょう。
技術・技能・ノウハウなどの修得には経験が何よりも重要です。
また、受注先を確保できるかどうかは、勤務時代につちかった人脈、信用が
大きく左右します。未経験の分野での成功はなかなか難しいので、FC加盟
など経験不足を補う方策が必要です。

 

新創業融資制度(無担保・無保証人)では、
要件のひとつに創業しようとする業種の経験年数を
「6年以上」としています。業界経験者でないと起業は
難しい時代であると日本政策金融公庫も考えている
ということですね。

 

【事業を継続していく自信はありますか】

経営者は法律、経理、税務、労務など幅広い知識のほか、強い意志、努力、
体力が不可欠です。加えて、十分な金銭感覚も必要とします。

 

これは面接の時の重要ポイントです。1時間以上の面接時間の
なかで色々な質問を担当者はしてきます。また、難しい質問への
反応も見ます。「金銭感覚を見る」というのは、通帳を
提出するからです。半年分の普段使っている通帳を提出
させられますので、そのつもりで。

 

【家族の理解はありますか】

身近な家族の理解が得られないようでは、事業に対する意欲が疑われても
仕方がありません。信頼できる協力者としての家族は、困難を乗り越えて
いくときの支えになってくれます。

 

家族すら説得し応援してもらえない事業内容や人物では
先は見えています。最初は家族と起業するのがベストです。
第三者の従業員では給与面で最悪「泣いてもらう」こともできません。

 

【創業場所は決まってますか】

業種によってはどこで創業するかが重要となります。一般的に立地条件の
良い場所は費用負担が重いので、採算が合うかどうかを慎重に検討します。
また、所有物件の活用や立地条件にマッチした商品やサービスの提供に
ついても検討してみましょう。

 

創業計画書(事業計画書)には創業場所を特定する必要があります。
「なぜその場所なのか」は、融資の判断の材料になるからです。
その業種で、その場所で、その広さで、その家賃でという理にかなった
選択をしなければなりません。
銀座三越の隣で「質屋」を開店する人はいませんよね。

 

【必要な従業員は確保できますか】

必要とする人材像を明確にし、早めにあたりをつけます。優秀な人材を
採用するには、何らかの魅力づくりが必要です。事業が軌道に乗るまで
人件費は重い負担となります。家族労働、人材派遣会社、パートタイマー
などの活用も検討してみましょう。

 

「企業は人なり」とはよく言われますが、パートナーである
家族と始めるのが1番です。事業が軌道に乗ったら第三者を
雇えばいいのです。いろんなアウトソーシングも出来る時代ですし。
人件費は経営に重く圧し掛かってきます。

 

【セールスポイントはありますか】

商品、サービス、技術またはそれらの提供方法などに、顧客を引きつける
何らかの特色を出せるか検討します。同業他社にはない独自性や新規性
が求められます。

 

よっぽど斬新なアイデアでもない限りライバル企業は存在するでしょう。
あなたの事業が、それらライバルに勝てる武器は何ですか?
武器もなく独立開業は無謀です。日本政策金融公庫もそこは重視します。
事業計画書も、それこそがポイントです。

 

【売上高や収益などを予測してみましたか】

売上(収入)は多めに、支出(費用)は少なめにといった甘い見通しになりがちな
ものです。同業他社の実績など、裏付けのある数字に基づいて検討してみましょう。

 

物事には必ず原因と結果があります。月の売上がコレくらい
という明確な根拠が必要です。根拠が無い数字はただの願望
でしかありません。よく第三セクター等が来場者予測や収支予測を
立てますが上回ったためしがありません。幹線道路で片側にしか
ファミレスやコンビニがない通りってありますね。ちゃんと根拠や
理由があるんです。

 

【自己資金は準備していますか】

事業を早めに軌道に乗せるためには、借入金は少ないに越したことはありません。
借入金の返済負担は、事業の採算性や健全性をそこねることがあります。
創業を思いたったら、まず着実に自己資金を蓄えることから始める、という堅実な
姿勢が大切です。

 

経営者になろうという人が自己資金がゼロでは誰も貸す気になれません。
新創業融資では借りようとする金額の3分の1の自己資金が必要です。
600万円の融資を希望するなら200万円を持っていないといけません。
その他の創業融資でも2割くらいの自己資金は必要でしょう。

 

【事業計画としてまとめてみましたか】

自分の描く事業のイメージを具体的に文字や数字で確かめてみましょう。
事業計画書は借入の際の説明資料として必要ですが、
自分のやりたいことやそれが実現可能なのかを明らかにします。                                
日本政策金融公庫のホームページから事業計画書の用紙を
ダウンロードできますが、あの1枚に書き込める程度の事業計画書
では、まず間違いなく「ダメだし」をくらいます。新しく事業を起す
ということは、そんなに甘くありません。あれは形式だけであって
本当の計画書は別冊にならなければいけません。「別紙」ではなく
「別冊」です(笑)私の場合は24ページになりました。

 

 

以上が日本政策金融公庫が提唱する創業準備のチェックポイントです。
解りますよね、チェックポイント=審査基準です。
実績の無い、これから始めようという事業に融資をする金融機関は
日本政策金融公庫をおいて他にはありません。
「断られたら他の銀行へ」という選択肢はないのです。

 

1回の申込で きっちり融資を成功させるには
それ相当の準備とノウハウ、戦略が不可欠です。

 

元銀行支店長と現役銀行員が教える実践創業融資マニュアル【管理人特典付】

事業計画書に必須!「独立・開業」業種別解説事典

日本製なのに激安!ハイスペックPCあります

★返金保証付★日本政策金融公庫 完全フルサポート



日本政策金融公庫 審査基準日本政策金融公庫関連エントリー

審査基準から見えるもの
日本政策金融公庫の融資審査と事業計画書 審査基準から見えるもの

 
【裏 マニュアル】 【特 典】 【事業計画書】 【面 接】 【自己資金】