Pip

日本政策金融公庫 自己資金

日本政策金融公庫(旧.国民生活金融公庫) 自己資金

 

新創業融資の場合、担保も保証人も必要ないんですが、

 

自己資金が必要です。

 

以前までは2分の1の自己資金が必要でした。
600万円の融資を希望するなら300万円の自己資金を
持ってないといけなかったのです。
現在では条件が緩和され、3分の1の自己資金でよくなりました。
600万円の希望で200万円です。
これはうれしい条件緩和ですね。

 

貸出上限も750万円から1,500万円に倍増しました。
あなたが500万円持っていれば、1,500万円までは貸しますよ
ということ。

 

普通の創業融資には、保証人か不動産担保が必要です。
保証人の方が評価は高いですね。
国金から借りる方の多くは500万円以下ですから、
月々の返済は5〜6万円なんです。
つまり、普通のサラリーマンの方でも何とか返せる額なんですね。
ですから、サラリーマンの方でも保証人としてOKなんです。

 

不動産担保の場合は、もしもの時、国金側も面倒なんです。
競売にかけなきゃいけないし、その時の相場が変わってる可能性があり
回収できないかもしれないからです。
ですから、評価としては相場の半分くらいでしょうか。

 

新創業融資は「自己資金」が必要です。
もっとも、普通創業融資にしても「自己資金」は必要なんですよ。

 

日本政策金融公庫の考え方はこうです。
700万円借りるのに200万円は自己資金がないと・・・です。
経営者になる人間が、自己資金がゼロっていうのはおかしいでしょ?
種銭くらい貯めるか用意できない人が「経営」ですか?
という考えなんですね。

 

なので、理想はコツコツ貯めていくこと。

 

面接の章で書いた、6か月分の預金通帳の中に、貯まっていってる様子が
記載されているのが望ましいです。

 

でも最後の手段は「見せ金」(言葉悪い!)
親、親戚、友人、知人などから「あるとき払いの催促なし」的なお金を
融通してもらった形で通帳に入れておくしかありません。

 

とりあえず、それでも自己資金は自己資金です。
日本政策金融公庫は、いわば「役所」です。
条件や書類さえ整っていれば何とか稟議も通せるのです。
そのあたり、相手がOKを出しやすい状況に持っていくのも
立派なテクニックです。

 

つっこまれ所を極力なくす事、
つじつまが合ってることが大事です。

 

タンス預金と判断されないように定期的に入金しておくことをお奨めします。

 

 

元銀行支店長と現役銀行員が教える実践創業融資マニュアル【管理人特典付】

自己資金ゼロでも借りられる?

普通に考えると・・・
自己資金ゼロで借りられる可能性はほぼゼロです。

 

新創業融資では当然自己資金が必要になります。
他の融資でも自己資金は重要視されていますから。

 

ただし
不動産担保連帯保証人をつける場合は
自己資金が少なくても融資実行の可能性は高いです。

 

が、それでも
自己資金ゼロというのは厳しいでしょう。
100万円程度の自己資金すら持っていなくて
「独立・起業します!」と言われても
政策金融公庫に対して説得力がありません。

 

担保や保証人を付けるからいいだろう・・
という問題ではなく、起業人としての資質の問題です。

 

 

さて、では自己資金ゼロでは融資不可能なのか。
実は不可能ではないのです。

 

その根拠は・・

 

「実際に自己資金ゼロで融資を受けた人を知っているから」

 

担保・保証人などの有無
どうやって融資を取り付けたかの過程は
ここでは公開できませんが、

 

ただひとつ言えることは
事業計画書が素晴らしい出来だったということ。

 

担当者が「このビジネスモデルに融資しなくて
いったい何に融資するというのですか」と
上司に詰め寄るほど事業計画書が良く出来ていたのです。

 

 

つまり
事業の設計図である事業計画書の出来如何

 

日本政策金融公庫も「柔軟に対応してくれる」
いうことなんですね。

 

 

 

創業融資最強マニュアル&ツール【管理人特典付】

事業計画書に必須!「独立・開業」業種別解説事典

日本製なのに激安!ハイスペックPCあります

★返金保証付★日本政策金融公庫 完全フルサポート



日本政策金融公庫 自己資金日本政策金融公庫関連エントリー

自己資金ゼロでも借りられる?
自己資金ゼロでも借りられる?

 
【裏 マニュアル】 【特 典】 【事業計画書】 【面 接】 【自己資金】